に投稿 コメントを残す

乳児期にハンセン病を発症したハンセン病の母親の四人の赤ちゃんの臨床および免疫学的研究

百十三人の女性と27人の健康なコントロールは、妊娠中、出産時に研究され、授乳中に赤ちゃんをフォローアップした。 ハンセン病の母親の三十から八は、皮膚塗抹標本または生検で固体染色桿菌を有することが判明し、したがって、胎盤を介して血行性の広がりによ このグループ内の母親の二人の赤ちゃんは、臨床的および組織学的根拠にハンセン病を有すると診断された。 第三の赤ちゃんはハンセン病を患っていた可能性がありますが、そのケースは証明されていませんでした。 第四の赤ちゃんはハンセン病を持っていなかったし、それは白癬を持っていたが、したがって、合理的なコントロールであると考えられていました。 ハンセン病の皮膚病変は、子供が9と17ヶ月の間にいたときに特別なフォローアップクリニックで最初に観察されました。 臍帯血清中のIgaおよびIgm抗m.leprae抗体のデモンストレーションは,子宮内免疫刺激の指標として取られ,したがってM.lepraeの経胎盤伝達であった。 ハンセン病の証明された二人の赤ちゃんは、血清IgA、特に血清IgM抗m.leprae抗体活性の早期かつ有意な増加を示した。 ハンセン病の疑いがあるが、診断が証明されていない第三の赤ちゃんは、血清IgAおよびIgM活性の同様のが、あまり顕著な増加を示した。 第四の赤ちゃんは、抗m.leprae活性のそのような上昇を示さなかった。 血清Igg抗m.leprae抗体活性の低下は,ハンセン病病変の治癒後のハンセン病児の一つでは示されたが,第二の赤ちゃんでは示されなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。