に投稿 コメントを残す

冠動脈ステント留置の時代におけるバルーン血管形成術対バイパスグラフト

背景:多血管冠状動脈疾患を有する患者は、血管形成術およびステント留置または冠動脈バイパス移植のいずれかの候補である。 両方の方法を比較するように設計された前向き無作為化研究には、適格な患者の少数のみが含まれていた。

目的

目的: 冠状動脈バイパス移植と血管形成術とステント留置を比較するために、多施設研究(ARTS)に無作為化を拒否した多血管疾患の患者。

方法:1997-98の間に、私たちは前向きに芸術基準に従って適格であったが、ランダム化を拒否した96の連続した患者を追跡しました。 これらの患者のうち、50は血管形成術+ステント留置を受け、46は冠状動脈バイパス手術を受けた。 我々は、最初の6ヶ月間の主要な有害な心臓および脳事象、胸痛の再発、生活の質および手続きコストの発生率を比較した。

結果:すべての手順は、死亡または脳イベントなしで正常に完了しました。 Q波心筋梗塞の割合は、AS群で2%、CABG群で0%であった(有意ではなかった)。 軽度の合併症は、AS群の7人の患者(14%)およびCABG群の21人の患者(45%)で発生した(P<0.01)。 6ヶ月のフォローアップで主要な心臓および脳イベントの発生率は、両方のグループで類似していた(それぞれASおよびCABGグループで11%および4%、P=NS)。 AS群のセブンティーン患者(36%)は、CABG群のわずか3(7%)と比較して、繰り返し血管再生を必要とした(P=0.002)。 それにもかかわらず、生活の質はより良く、入院はより短く、血管形成術後の最初の6ヶ月の間に費用は低かった。

結論:多血管疾患の患者における冠動脈バイパス手術と比較してステント留置による血管形成術は、同様の短期的な主要な合併症をもたらした。 ただし、血管形成術を経ている患者の36%は最初の6か月の間にそれ以上のrevascularizationのプロシージャを必要とするかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。