に投稿 コメントを残す

剪定木本植物の基本原則

Bulletin949

Pdf picture_as_pdfを表示

クリッパーズ

ゲイリー L.ウェイド Westerfield、拡張園芸家

  • シュートの成長と頂端支配
  • 剪定への一般的な応答
  • 剪定カットの種類
  • 剪定への癒しの応答
  • 剪定のための時間
  • 概要

剪定は、観賞用の木や低木、果物やナッツを含む木質植物を維持するための最も重要な文化的慣行の一つです。 それは芸術および科学を両方含む:切り取る切口をきちんと作ることの芸術、および最高の利点のためにいつそして切り取るために知ることの科学。剪定には多くの理由があります。

剪定には多くの理由があります。 時には、正式なヘッジのように、植物の成長を特定の形や指定された空間に訓練したり指示したりしたいことがあります。 または、特定の高さで剪定された植物の摘み取りやヘッジを支援するために地面に低く剪定された果樹の場合のように、成熟した植物を剪定して大きさや形を制御することができます。 実を結ぶ植物のために、切り取ることは木への軽い浸透を高めることによって全面的なフルーツの質の改善の重要な役割を、主に担います。

残念ながら、多くの人々は懸念の大きな剪定に近づきます。 他は雑用として切り取ることを見、彼らが急いで仕事をすると同時に技術に少し先見の明を与える。 適切な剪定は、植物が様々な剪定カットにどのように反応するかの基本的な理解を必要とする。 この資料の原則とガイドラインは、一般的な剪定技術を習得するのに役立ちます。

シュートの成長と頂端優位

図1。 現在のシーズンの成長。's growth.図1. 現在のシーズンの成長。あなたは部分的に木本植物の特徴的な形状と大きさとシュートの成長の植物の自然なパターンによって剪定への応答を決定することができます。

種子が発芽して成長すると、一つの成長点、頂点または末端芽のみが存在する(Fig. 1). 終末芽が休眠した後に成長を開始すると、それは枝に芽スケールの傷跡を残します。 あなたは傷跡を数えることによって手足や木の年齢を決定するために傷跡を使用することができます。 新しいシュートが伸長するにつれて、ノードと呼ばれる構造が形成される。 ノードは、葉が取り付けられているシュート上の領域です(図。 1a)。 これらの節のそれぞれに1〜3個の側芽が産生される。 側芽の成長は、オーキシンと呼ばれるホルモンを産生する末端芽によって指示される。 オーキシンは、シュートの頂点からシュートの中で(地球の中心に向かって)下方に移動し、側芽の成長と発達を阻害する(Fig. 2). この現象は頂端優位と呼ばれています。

図1a.ノードのクローズアップ。図1a.ノードのクローズアップ。
図2. 頂端優位性とその効果。図2. 頂端優位性とその効果。頂端優位性の強さは、ある植物種から別の植物種に変化する。

頂点優位性の強さは、ある植物種によって異なる。 いくつかの植物は、第二の成長期までの彼らの側芽の成長を抑制し、他の人は、最初の成長期に側芽と端末芽の両方を開発します。 頂端優位性はシュート形成側芽の数と形成された側芽の長さだけでなく、シュートが主肢から出てくる角度にも影響を与えます。

図3. 四肢の向きは頂端の優位性に影響を与える。図3. 四肢の向きは頂端の優位性に影響を与える。

主枝に沿った四肢またはシュートの向きは、頂端優位に及ぼす影響によって成長に大きな影響を与える(図。 3). オーキシンは地球の中心に向かってシュート内で下方に移動するので、頂端の優位性は垂直または直立したシュートまたは四肢で最も強い。 垂直四肢では,末端芽の近くで活発なシュート成長が起こり,側枝は頂点からの距離の増加とともにより疎になる。 一方、垂直または主シュートから45°から60°の角度での側枝の向きは、頂点付近のシュート成長の活力を減少させ、頂点からさらに四肢に沿った側方の数と長さを増加させる。 水平四肢では、頂端の優位性は完全に失われる。 彼らの成長を制御するための頂端の優位性がなければ、水平手足の上側の側芽は、水の芽と呼ばれる活発な、直立した芽に発達する。 彼らが成長するにつれて、水の芽は非常に強い頂端優位性を示す。 水の芽は、果樹の平らな四肢の上面に共通の問題であり、剪定によって除去される。

剪定に対する一般的な反応

剪定は爽快なプロセスです(図10)。 4). 頂点を除去することによって、剪定は一時的に頂点の優位性を破壊し、側芽の芽への成長を刺激する。

図4。 剪定は、切断に近い側枝の成長を刺激する。図4. 剪定は、切断に近い側枝の成長を刺激する。

剪定はまた、根系に関連して植物の地上部分のサイズを減少させる(図。 5). その結果、邪魔されていない根系は、より少ない数の芽および芽を提供する。 残りの芽と芽による水と栄養素の相対的な取り込みが増加し、成長(再成長)のフラッシュが発生します。

図5. 剪定は、根系に関連して上部を減少させる。図5. 剪定は、根系に関連して上部を減少させる。

一般的に、剪定がより深刻な(より大きなサイズまたは除去された手足の数)、結果として生じる再成長が大きくなります。 本質的に、植物は頂部と根系との間のバランスを回復しようとして再成長している。

図6. 剪定は、垂直シュートのカットに最も近い成長を刺激します。 切り取ることは縦のシュートの切口に最も近い成長を刺激します;縦からの肢45°から60°の切口から遠く離れて。

剪定は、一般的に切断の近くで再成長を刺激する(図。 6). 活発なシュートの成長は通常切り取る切口の6から8インチの内で起こる。 これは、剪定された垂直の四肢に特に当てはまります(図10)。 6a)。 しかし、垂直から45°から60°の角度を有する四肢の再成長は、切断から遠く離れて発達する(図。 6b)。

剪定はまた、より多くの光が植物のキャノピーに浸透することを可能にすることによって、側枝の成長を間接的に刺激することができる。

若い植物を剪定すると、活発な芽の成長が刺激され、花や果実の発達が遅くなります。 遅延の長さは、もちろん、剪定された種および剪定の重症度に依存する。

剪定カットの種類

図7。 見出しは、シュートや手足の一部を削除します。図7a.見出しは、シュートまたは四肢の一部を削除します。

剪定カットには、見出しと間伐の二つの基本的なタイプがあります(図。 7). それぞれが異なる成長応答をもたらし、特定の用途を有する。

見出しは、芽または四肢の末端部分を除去する(図。 7a)。 頂端優位性を除去することにより、見出しは切断の近くで再成長を刺激する。 それはまた形式的に切り取られた生け垣の場合にはように自然な形態の厚い密集した成長そして損失に終って切り取る切口の最も爽快なタイプ、 時々基礎に沿う観賞用の低木は植わるスペースをovergrowし、地上レベルの12インチの内にヘッディングによって活性化される。 Burford holly、ligustrum、abelia、crape myrtleなどの多くの広葉樹の低木は、このタイプの剪定に耐えます。 見出しの他のタイプは、トッピング、デホーン、ヘッジとクリッピングです。

図7a.間引きは、シュートまたは四肢全体を削除します。図7b.間引きは、シュートまたは四肢全体を削除します。一方、間伐は、主枝または側枝からその原点までのシュートまたは四肢全体を除去する(Fig. 7b)。 いくつかのシュートの先端は分配されていないままであるので、頂端優位性が維持される。 その結果,乱されていないシュート先端に新しい成長が起こり,側方芽の発達と再成長が抑制される。

間伐は、一般的に剪定カットの少なくとも爽快なタイプであり、植物のより自然な成長形態を提供します。 維持剪定において重要なのは、四肢を短くし、植物への光の浸透を改善し、芽または四肢の成長を指示するために、間伐カットが使用されることである。

大きな木のサイズを小さくするために使用される間伐の一形態であるDrop-crotchingは、大きな側枝に切断することによって主枝(またはリーダー)を除去するこ 8a)。 主枝を通る切断は、残りの側方の角度に平行にされる。 大きな木の手足を取り除くときは、メイントラックに沿って樹皮を引き裂き、木をひどく傷つけることを避けるために、一連の三つのカットが推奨され 8b)。 間伐の1つの望ましくない形態は、活発な直立した四肢が水平な四肢に間伐されるベンチカットである(図10)。 9).

図8. タイプの薄くなる切口:(a)低下の股および(b)肢の取り外し。図8. タイプの薄くなる切口:(a)低下の股および(b)肢の取り外し。
図9。 分岐カット(左)と正しい方法(右)を比較します。図9. 分岐カット(左)と正しい方法(右)を比較します。

水の芽と呼ばれる活発で直立したシュートの成長は、しばしば水平四肢に頂端優位がないため、”ベンチ”領域に起因する。 このような再成長は弱く、しばしば望ましくない傘の形の植物をもたらす。 正しい方法は取除かれる肢に角度で類似しているが、縦からの45°から60°より大きくない肢に薄くなる切口を作ることである。

図10. 広い股(左)は弱い、狭い股(右)よりも強いです。図10. 広い股(左)は弱い、狭い股(右)よりも強いです。

狭い角度の股を持つ芽や手足は、広い股の角度を持つものよりも弱いです(図。 10). 隣接する枝の樹皮はしっかりと圧縮されるか、または「含まれる」ようになり、通常の木材の発達を防止する。 冬の氷は、股間に閉じ込められ、しばしば狭い角度の枝が分裂する原因となります。

剪定に対する癒しの応答

図11。 治癒のために重要な形成層の領域:(a)樹皮の尾根および(b)襟組織。図11. 治癒のために重要な形成層の領域:(a)樹皮の尾根および(b)襟組織。

癒しは自然に剪定または創傷に従います。 それは形成層、木と樹皮の間の細胞の薄い層で始まります。 形成層の2つの領域、2つの四肢の接合部の樹皮尾根、および側枝が主肢に結合するわずかに隆起した組織のリングである枝襟は、植物と剪定切断との間の傷口を閉じるために機能する。 最速の治癒のために、樹皮の尾根や枝の襟の領域を傷つけることなく、主枝の近くで剪定する(図。 11). スタブを残すと治癒が遅くなり、腐敗を招きます。 傷の包帯か切り取るペンキは化粧品で、切り取られた区域の治療を促進するために少しをしない。

剪定の時間

剪定の時間は植物の種によって異なります。 最高の成長特性、開花、およびあなたが望む他の目的を補完する時に剪定します。

多くの木質の観葉植物は、開花日に応じて剪定されています。 例えば、ハナミズキやレンギョウなどの春の開花植物は、通常、開花後に剪定されます。 剪定春-休眠シーズン中に低木を開花は、前の秋に形成された花芽を削除します。 夏-開花植物は、一般的に休眠冬のシーズン中に剪定されています。 植物が花のために栽培されていない場合、剪定のための最良の時期は、春に新しい成長が始まる前に休眠している冬の季節です。 再成長が起こり、植物を冷たい傷害により敏感にさせるかもしれないので遅い夏および落下の間に重い切り取ることを避けなさい。 例えば、桃の木は、10月から1月まで剪定されるべきではありません。

いくつかの植物は剪定後に大量に出血します。 出血は見苦しいですが、通常は有害ではありません。 出血の対象となる木は、葉が木の上にある晩春または初夏に剪定されるべきである。 積極的に成長している葉は、剪定カットからの出血の量を減らし、カットがより迅速に治癒することを可能にする傾向があります。 容易に出血する植物には、柳、白樺、カエデ、ブナ、ハナミズキが含まれます。/p>

開花後のプルーン

  • ツツジ
  • Beautybush
  • ビッグリーフアジサイ
  • ブラッドフォード梨
  • Bridalwreath Spirea
  • クレマチス
  • クライミングバラ
  • Crabapple
  • Deutzia
  • ハナミズキ
  • /li>
  • レッドバッド
  • ソーサーマグノリア
  • スターマグノリア
  • /li>

                                                                                                                                                                  /li>

                                                                                                                                                                • 日本のメギ
                                                                                                                                                                • 日本のスピリア
                                                                                                                                                                • ミモザ
                                                                                                                                                                • 日本のメギ
                                                                                                                                                                • 日本のメギ
                                                                                                                                                                • 日本のメギ
                                                                                                                                                                • 日本のメギ
                                                                                                                                                                • 日本のメギ
                                                                                                                                                                • 日本のメギ
                                                                                                                                                                • 日本のメギ
                                                                                                                                                                • 日本のメギ
                                                                                                                                                                • 日本のメギ
                                                                                                                                                                • 日本のメギ
                                                                                                                                                                • 日本のメギ
                                                                                                                                                                • 日本のメギ
                                                                                                                                                                • 日本のメギ
                                                                                                                                                                • 日本のメギ
                                                                                                                                                                • 日本のメギ
                                                                                                                                                                • 日本のメギ
                                                                                                                                                                • 日本のメギ
                                                                                                                                                                • 日本のメギ
                                                                                                                                                                • 日本のメギ
                                                                                                                                                                • 日本のメギ
                                                                                                                                                                • Nandina
                                                                                                                                                                • ローズ-オブ-シャロン(アルテア)
                                                                                                                                                                • サワーウッド
                                                                                                                                                                • アンソニー Waterer Spirea
                                                                                                                                                                • Sweetshrub

                                                                                                                                                                概要

                                                                                                                                                                剪定は、木質植物を開発し、維持するための非常に貴重なツールです。 明確な切り取る目的を開発することは重要である。 これらの目的を剪定の基本的な理解と植物がどのように反応するかを組み合わせることで、その努力から最大の利益を得ることができます。
                                                                                                                                                                木本植物における剪定の使用に関するいくつかの重要なポイントを以下に要約する。

                                                                                                                                                                • 剪定は爽快なプロセスであり、剪定の重症度に比例して再成長を刺激する。 軽い年次剪定は、定期的な重度の剪定よりも優れています。
                                                                                                                                                                • 剪定カットの二つの基本的なタイプは、見出しと間伐です。 間伐カットは、カットの少なくとも爽快なタイプであり、その自然な形で木質植物を維持するための最も効果的な剪定カットです。
                                                                                                                                                                • 剪定、特に見出しカットは、剪定カットに非常に近い再成長を刺激します。 切り取る切口の近くで再生を刺激するのでトッピング、dehorningおよび生垣のようなヘッディング切口は、頻繁に誤用され、植物の自然な形を破壊する。
                                                                                                                                                                • ベンチカット、直立した手足を平らな手足に剪定し、活発な再成長と弱い手足をもたらします。 その代り、縦からの45°から60°の角度で方向づけられるそれらを去る肢を薄くして下さい。
                                                                                                                                                                • 剪定時間は、開花日、寒さに対する感受性など、植物の特定の要件または特性によって決定されるべきである。
                                                                                                                                                                • 剪定は、樹皮の尾根や枝の襟などの形成層の重要な領域を妨げないときに傷が最も速く治癒します。 創傷包帯は化粧品であり、治癒を促進しない。
                                                                                                                                                                • すべてあまりにも頻繁に、不適切な剪定技術は真剣に木本植物を損傷したり、殺します。 木本植物を適切に維持したい場合は、個人的に剪定作業を監督または実施してください。

                                                                                                                                                                この出版物の元の原稿を開発するためのStephen C.Myers博士に謝辞がなされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。