に投稿 コメントを残す

外傷後関節症および膝の原発性変形性関節症-関節鏡視下および臨床的差異

外傷後関節症(PTA)は、急性および直接的または反復的および間接的な外傷の後に発症し、関節軟骨の過度の機械的過負荷につながる。 PTAと一次変形性関節症(OA)の診断はarthroscopyを含む現代イメージ投射技術の使用を要求する。 Ptaと原発性O A関節鏡視下の違いはまだよく知られていない。 本研究では、膝のptaと原発性OAとの間の関節鏡視下および臨床的差異を評価するために着手した。 患者の二つのグループは、研究に登録されました:18直接急性外傷またはよく定義され、文書化された間接膝微小外傷後の臨床的に症候性PTAの発症を有する患者;71膝の一次OAを有する患者。 適格性のために使用された基準は、18歳から65歳までの年齢、6ヶ月以上の持続的な痛み、不十分な疼痛管理であった。 疾患活性および重症度は、以下の変数を用いて評価した。: 疼痛強度評価(視覚アナログスケール-VAS、0-100mm)、機能障害(Lequesneの機能指数)、膝の滲出液の有無。 関節鏡検査は、4.5mm関節鏡Dionicsとリウマチ-プロブディフの診療所で局所麻酔下で行われました。 軟骨症の評価の二つのスコアリング方法が使用された:1)研究者の全体的な評価-VAS(0-100ミリメートル)と2)関節鏡のフランス協会によって提案されたスコアリング方法-sfaスコア(0-100)の位置、深さと関与する関節表面の大きさを含む。 滑膜炎は、炎症の強度および伸展に基づく総スコアによって評価された。 疾患持続時間,BMIおよびLequesne機能指数に関して両群間に有意差は認められなかった。 Pta患者では疼痛強度が有意に高い。 VASとSFAスコアに応じてptaとプライマリOAを比較すると、我々は外傷後軟骨症の重症度が統計的にはるかに少ないことを確認します。 滑膜炎の重症度にも有意差が認められた。 PTAに罹患している患者は,臨床的および関節鏡的に原発性O Aを有する患者とは異なる。 外傷後軟骨症と原発性O aの関節鏡視下の側面は密接に類似しているが,原発性O Aにおける軟骨破壊はより重い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。