に投稿 コメントを残す

材料の引張、圧縮、せん断、ねじりおよび降伏強度を定義する

応力は、単位面積当たりの力として定義され したがって、応力を計算するための式は次のとおりです。

ここで、σは応力、Fは荷重、Aは断面積です。 圧力のための最も一般的な単位はpsi(平方インチごとのポンド)のような他の単位が時々使用されるが、SIの単位、またはパスカル(またはN/m2)である。

力は、次のような異なる方向に適用されてもよいです:

•引張または伸張

•圧縮または粉砕/粉砕

•せん断または引き裂く/切断

*ねじりまたはねじれ

これは、多数の対応するタイプの応力を生じさせ、したがって、強度を測定/引用した。 データシートはしばしば強度(圧縮強度など)の値を引用しますが、これらの値は純粋に一軸であり、実際にはいくつかの異なる応力が作用している可能性があることに注意する必要があります。

引張強さ

引張強さは、本体が故障する前に耐えることができる最大引張荷重をその断面積で割ったものとして定義されます。

引張強 この特性はまた時々最終的な抗張圧力かUTSと言われます。

アゾム-金属、セラミックス、ポリマーおよび複合材料-引張応力

金属は非常に良いですが、一般的に、セラミックスは、張力で悪い実行します。 ガラス、ケブラーおよびカーボン繊維のような繊維は頻繁に引張強さを補強するか、または改善する引張力の方に加えられた重合体材料です。

圧縮強度

圧縮強度は、本体が故障する前に耐えることができる最大圧縮荷重をその断面積で割ったものとして定義されます。

アゾム-金属、セラミックス、ポリマーおよび複合材料-圧縮応力

セラミックスは、典型的には良好な引張強度を有し、圧縮

せん断強度

せん断強度は、破壊が発生する前に体が耐えることができる最大せん断荷重をその断面積で割ったものです。

アゾム-金属、セラミックス、ポリマーおよび複合材料-せん断応力

このプロパティは、接着剤およびファスナーだけでなく、板金のギロチニン

ねじり強度

ねじり強度は、本体が故障する前に耐えることができるねじり応力の最大量であり、その断面積で割ったものです。

ねじり強度は、本体が故障する前に耐えることができるねじり応力の最大量であり、その断面積で割ったものです。

アゾム-金属、セラミックス、ポリマーおよび複合材料-ねじり応力

このプロパティは、シャフトなどのコンポーネントに関連しています。

降伏強度

降伏強度は、材料が弾性変形から塑性変形に変化する応力として定義されます。 降伏点として知られているこの点を超えると、材料は応力を除去した後に元の寸法に戻らなくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。